m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>結論遅れる可能性、理研不正防止委員会

結論遅れる可能性、理研不正防止委員会

理研の調査委の内容検討求める声

2014年4月22日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文の不正疑惑について、理研が設置した外部有識者から成る「研究不正再発防止のための改革委員会」(委員長:岸輝雄東京大学名誉教授)の第4回が、4月21日に開かれた。当初、小保方氏の論文問題を調査している理研の不正調査委員会の議論と関係なく進め、ゴールデンウィーク明けにも結論をまとめる予定だったが、この日、委員から「理研の調査委員会の議論などを踏まえず、結論を出すのはどうか」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。