m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>「日本のレベル不十分」と明記へ、理研不正防止委

「日本のレベル不十分」と明記へ、理研不正防止委

規定は「致命的な欠陥はなかった」

2014年4月26日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文の不正疑惑について、理研が設置した外部有識者から成る「研究不正再発防止のための改革委員会」(委員長:岸輝雄東京大学名誉教授)の第5回が、4月25日に開かれた。岸氏は、理研の現状の不正防止規定について「致命的な欠陥はなかった」との認識を示した上で、報告書作成に向けて、組織運営の課題に重点的に取り組む方針を示した。ただ、不正防止規定は国際基準を目指す米国のCITI(Col...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。