m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>カルテ記載など、再発防止策の効果も検証

カルテ記載など、再発防止策の効果も検証

「第5回再発防止報告書」の検討テーマを議論

2014年5月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度の再発防止委員会(委員長・池ノ上克・宮崎市郡医師会病院特別参与)が5月12日に開催され、「第5回の再発防止に関する報告書」で取り上げるテーマを検討した。再発防止委員会委員長の池ノ上克・宮崎市郡医師会病院特別参与。ほぼ確定したテーマは、「新生児蘇生」と「臍帯因子が関係する脳性麻痺への対応」であり、過去4回の報告書で提言した再発防止策の「効果検証」も行う方針。「効果検証」では、「診療録等の記載」の徹底、子宮収縮薬投与時のガイドライン順守やインフォームド・コンセントなどが取り上げられる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事