m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「医療者を罰する仕組み」との峻別が必須

「医療者を罰する仕組み」との峻別が必須

全国医学部長病院長会議が“医療事故調”で見解

2014年5月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医学部長病院長会議は5月16日の総会で、同会議の「大学病院の医療事故対策委員会」がまとめた「死因究明に向けての動向に鑑みて」との見解を了承した(資料は、同会議のホームページに掲載)。法律とガイドラインなど“医療事故調”の整備が進む中、制度設計に当たって、医療の質向上のシステムと、医療過誤を犯した医療者を罰する仕組みの峻別を改めて求める内容で、同会議が2013年5月にまとめた「診療に関連した予期せぬ有害事象(死亡事故など)の調査のあり方」で既に打ち出した考え方だ(『「事故調査は医療者の責務」、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事