m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「“事故調”法案、発展途上」、自民3議員が指摘

「“事故調”法案、発展途上」、自民3議員が指摘

都内でシンポ、参院審議とガイドライン作成、注視を

2014年5月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


5月24日に東京都内で開催されたシンポジウム「『医療事故調査制度』法制化に伴う対応」で、3人の自民党国会議員が、今国会に提出されている“医療事故調”法案は発展途上にあり、近く始まる参議院での法案審議で必要事項を確認するほか、法律運用に当たって作成されるガイドラインの内容を国会議員の立場で注視する必要性を強調した。“医療事故調”法案が盛り込まれている医療介護総合確保推進法案は、5月15日に衆議院で可決している。参議院議員で、厚生労働委員会委員長の石井みどり氏は、歯科医師でもある。参議院の厚生労働委...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事