m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>医師法21条、「医療事故の届出想定せず」、厚労相

医師法21条、「医療事故の届出想定せず」、厚労相

小池議員の質問に対し答弁、参院厚生労働委員会

2014年6月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


参議院厚生労働委員会で6月10日、田村厚労相は、異状死体の届け出を定めた医師法21条の解釈について、「医療事故等を想定しているわけではない。これは法律制定時より変わっていない」と答弁した。その上で、2004年の都立広尾病院事件の最高裁判決は「外表を検案して、異状を認めた場合」、いわゆる外表異状説で判断していること、2012年の厚生労働省検討会で、当時の田原克志医事課長も外表異状説を基に説明していることを挙げ、外表異状説が厚労省の解釈であるとした(『「診療関連死イコール警察への届出」は誤り』を参照...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事