m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>“事故調”の参院審議、光と影

“事故調”の参院審議、光と影

今後の焦点はガイドライン、議論公開を

2014年6月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


“医療事故調”の創設を含む医療介護総合確保推進法案が6月19日、参議院で付帯決議付きで可決、成立した。“医療事故調”のスタートは2015年10月だ。参院厚生労働委員会では、異状死体の届け出を定めた医師法21条の解釈が明確になり、同条の解釈の混乱の一因だった厚生労働省の「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」が2015年度改訂のメドが立つなど、医療界にとって、幾つか有意義な審議が行われた(『医師法21条、「医療事故の届出想定せず」、厚労相』を参照)。一方で、同法案成立時には、付帯決議が付き、今後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事