m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>7つのケースで判断、小保方氏実験、理研

7つのケースで判断、小保方氏実験、理研

丹羽氏の実験、難航の模様

2014年7月3日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文(7月2日付で撤回)の不正疑惑について、CDBの検証実験の総括責任者で、CDB特別顧問の相澤慎一氏らが7月2日、神戸市内で小保方氏が参加する実験の概要を説明した。ES細胞混入の可能性が指摘されていることから、小保方氏は実験を単独で実施し、理研が進めている丹羽氏と実験とは、別々に実施する(『ES細胞混入「可能性低い」と丹羽氏、検証実験へ』を参照)。どちらの実験も、STA...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。