m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>STAP論文「新たに5つの誤り」、撤回

STAP論文「新たに5つの誤り」、撤回

Nature誌、小保方氏ら「説明できない齟齬」

2014年7月3日 池田宏之(m3.com編集部)


Nature誌は7月2日付で、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらの「STAP細胞」の論文2本を撤回した(Nature誌のホームページを参照)。理由として、理研などの調査によって、「論文で『違う細胞』『違う胚』とされていたものが、実際同じものだった」点を挙げていて、論文に不可欠なデータに誤りがあると判断した。同日付で、小保方氏を含む共著者全員の連名で撤回の理由を同誌に掲載した(Nature誌のホームページを参照)。文書では、過誤が含まれていたことを謝...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。