m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>「科学で博士号」記者の誤り-田中幹人・早稲田大学政治学研究科准教授に聞く◆Vol.2

「科学で博士号」記者の誤り-田中幹人・早稲田大学政治学研究科准教授に聞く◆Vol.2

科学“翻訳”記事の質は低くない

2014年7月16日 聞き手・まとめ:池田宏之(m3.com編集部)


――STAP問題を引き起こしたマスコミの事情とは何でしょう。―海外では、メディア不況で、大手新聞の科学部から、企業などの広報に移ることが、珍しくありません。当然、記事を書いていた側ですので、かゆいところに手が届くプレスリリースを出し、マスコミもその魅力的な文言に抗えないわけです。NASA(米国航空宇宙局)が2010年に(ヒ素を利用して生息する)微生物について、「宇宙人の発見か」と面白く解釈されるような発表の仕方をしたのが良い例です。NASAのような機関でも予算が削られる中、広報からすれば、意図的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。