m3.com トップ>医療維新>インタビュー|STAP論文...>高まる科学者の説明責任とコスト - 田中幹人・早稲田大学政治学研究科准教授に聞く◆Vol.3

高まる科学者の説明責任とコスト - 田中幹人・早稲田大学政治学研究科准教授に聞く◆Vol.3

ネットレビューとピアレビューの共存

2014年7月23日 聞き手・まとめ:池田宏之(m3.com編集部)


――今回の騒動は、インターネット上の匿名ブログの解析が大きなきっかけになりました。インターネット上のコミュニティによる論文不正の指摘は、韓国の生物学者、黄禹錫氏のES細胞捏造の時代からありました。「オンライン査読」と呼ぶ人もいるようですが、インターネット上のリソースでレビューが出てくるのは、押しとどめようとする人がいたとしても、無理だと思います。ただ、今回のSTAP細胞の論文で特徴的だったのは、ソーシャル・ネットワーク・サービスを通じた情報拡散のスピードの速さで、次々と疑惑が拡散していきました。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事