m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>“事故調”の西澤研究班、本格議論スタート

“事故調”の西澤研究班、本格議論スタート

厚労省ガイドラインのたたき台、今年度末に最終報告

2014年7月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の第1回会議が7月16日に開催され、研究代表者の西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)が会議後に会見、医療事故調査制度のガイドラインのたたき台作成に向けて検討し、2014年度末までに最終取りまとめを行う方針を示した。今通常国会で成立した医療介護総合確保推進法に盛り込まれた、医療事故調査制度は2015年10月開始予定であり、その運用に当たって、厚労省によるガイドライン作成が法律の付帯決議で求められている。同研究班は、「事前勉...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事