m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|スペシャル座...>提供体制と専門医、別次元の議論◆Vol.4

提供体制と専門医、別次元の議論◆Vol.4

医師偏在は需給バランスで徐々に解消

2014年8月1日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――総合診療医については、先ほど数よりも質という話が出ましたが、若手医師が総合診療専門医を目指すようにするためには、どのような条件整備が必要でしょうか。何らかのインセンティブは必要とお考えですか。丸山5月の岡山の日本プライマリ・ケア連合学会学術大会の会長講演で、私は、「数と場の議論を外してほしい」とお話しました(『総合診療医、「数と場の議論は外して」、丸山理事長』を参照)。数と場の議論をすると、専門医制度とは別の議論になってしまうからです。数、ひいてはインセティブの議論は、従来型の領域別専門医の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事