m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>期待と不安を抱き、家庭医療へ◆Vol.3

期待と不安を抱き、家庭医療へ◆Vol.3

初期研修、福岡から北海道に一転

2014年8月7日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


家庭医を知るきっかけとなったのが、京大医学部の1年先輩が、ロッカールームに貼った北海道家庭医療学センターのエクスターンシップのポスターだった。ポスターには、「家庭医療の体験実習にようこそ」とあり、「患者さんを中心に診る」「家族の背景も診る」といった言葉が書いてあった。それを見て非常に驚いたのです。「これは何だ」「家庭医療」という分野は何なのかと。総合内科とも少し違う。さまざまな疾患を考え、鑑別診断を進めていく点では同じでも、総合内科では、家庭や地域という言葉はあまり出てきません。「寒く、雪も降る...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事