m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>「小保方氏がギブアップするしかない」、理研改革委員長の岸氏

「小保方氏がギブアップするしかない」、理研改革委員長の岸氏

講演でCDB解体の提言書や理研の“情報隠し”に言及

2014年7月31日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文(撤回)の不正疑惑について、理研が設置した外部有識者から成る「研究不正再発防止のための改革委員会」の委員長を務めた岸輝雄東京大学名誉教授が7月30日、都内の日本科学ジャーナリスト会議の定例会で講演した。改革委員会6月に出した提言書において、CDB解体を要求した狙いについては、「STAPの問題と、CDB(の研究分野)を切り離さないと、永遠に(理研の生命科学分野の汚点とし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事