m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>遺族も、「事故調査のスイッチ」押せる仕組みか

遺族も、「事故調査のスイッチ」押せる仕組みか

第2回会議、「届出等に関する事項」を議論

2014年8月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の第2回会議が7月30日に開催され、「医療事故の届出等に関する事項」について議論した。会議後に会見した研究代表者の西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)は、遺族や医療機関からの相談を受け付ける仕組みを検討していることを明らかにした。今国会で法制化された医療事故調査制度は、医療機関が、第三者機関である医療事故調査・支援センターに対し、医療事故を届出することにより、事故調査が開始するため、「第三者機関へのスイッチを押すのは、医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事