m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>CDB笹井氏死亡、自殺か

CDB笹井氏死亡、自殺か

自身の研究室に遺書残す

2014年8月5日 池田宏之(m3.com編集部)


8月5日午前9時ごろ、神戸市中央区の先端医療センター5階で、理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長が倒れているのを、巡回中の警備員が発見し、その後死亡が確認された。理研の広報によると、建物の2階にある笹井氏の研究室の秘書の机の上に、遺書が置かれており、自殺とみられる。理研によると、笹井氏は、近くの神戸市立医療センター中央市民病院に搬送された。倒れているのを発見した時点で、近くにいた医師が、死亡を確認。兵庫県警は一時「心肺停止の状態。救命救急の処置中」としてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事