m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>“事故調”GL、「モデル事業」がベース

“事故調”GL、「モデル事業」がベース

第3回会議、院内調査の在り方を議論

2014年8月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の第3回会議が8月6日に開催され、院内調査に関して議論、調査項目はモデル事業を基本に整理していく方針になった。モデル事業とは、日本医療安全調査機構が現在実施している「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」のことだ。第2回会議で議論した「医療事故の届出等に関する事項」も、モデル事業をベースにする方針で、2015年10月からスタートする“医療事故調”のガイドラインは、現時点では、同事業の延長線上で作成される見通し(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事