m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>医学教育の自由度向上が必要◆Vol.3

医学教育の自由度向上が必要◆Vol.3

福島の課題解決対策を示したい

2014年9月5日 聞き手・まとめ:池田宏之(m3.com編集部)


2014年4月からの後期研修先として選んだのは、福島県相馬市の相馬中央病院だ。原発事故で地域に影響が出て、救急や高齢化の問題を、身を持って感じている。3年目になりましたが、勉強することは多いですし、臨床医として半人前です。夜間に患者を受け入れている病院も、地域に6つしかなくて、どこかが断ると、残りどこかに行くわけです。冷蔵庫に頭をぶつけた高齢女性が、相馬から(森田氏が当直をしていた)南相馬まで来てしまったことがあって、「外科」「内科」と決めすぎてしまうと、大変なことになると思っています。救急の受...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事