m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>“事故調”、「西澤研究班」に危機感

“事故調”、「西澤研究班」に危機感

「坂根研究班」、現場発ガイドライン作成へ

2014年8月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


「西澤研究班の議論は、医療の現場のことを考えていない。このままでは、とんでもない“医療事故調”ガイドラインができ上ってしまう。現場から声を上げなければいけないと考えていた時に、日本医療法人協会から依頼があった」「西澤研究班」の議論に強い懸念を示す、坂根Mクリニック院長の坂根みち子氏。日本医療法人協会の「現場からの医療事故調ガイドライン検討委員会」が7月20日に発足した経緯を、こう説明するのは、同委員会委員長を務める坂根Mクリニック(茨城県つくば市)院長の坂根みち子氏だ。「西澤研究班」とは、西澤寛...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事