m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>法律逸脱の“事故調”ガイドライン、阻止せよ

法律逸脱の“事故調”ガイドライン、阻止せよ

「西澤研究班」のプロセスと内容に批判相次ぐ

2014年8月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


2008年の「第3次試案」「大綱案」の前後から、混迷を続ける“医療事故調”の議論……。先の通常国会で法律が成立、2015年10月から、医療事故調査制度がスタートすることが決まったものの、ガイドラインの策定など、制度の詳細設計をめぐる議論が、またもや迷走している。全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長で、昭和大学病院長の有賀徹氏。議論の場は、厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」班。研究代表者を務めるのは、全日本病院協会会長の西澤寛俊...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事