m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>「西澤研究班」に疑問、厚労省にも公開質問状

「西澤研究班」に疑問、厚労省にも公開質問状

「随行拒否」された坂根Mクリニック院長の坂根氏

2014年8月13日 橋本佳子(m3.com編集長)


混迷を続ける医療事故調査制度のガイドライン策定をめぐる議論。批判の急先鋒に立つ、坂根Mクリニック(茨城県つくば市)院長の坂根みち子氏は8月11日、公開質問状を送付した。その宛先は、厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の研究代表者を務める、全日本病院協会会長の西澤寛俊氏と、研究班の実質的事務局を務める、厚労省医政局総務課医療安全推進室長の大坪寛子氏の2人。厚労省のホームページに掲載された「西澤研究班」の「会議概要」が実際の議論の内容と異なる点や、坂根氏が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事