m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|改めて問う専...>専門医改革は「医療界の失敗の後始末」◆Vol.1

専門医改革は「医療界の失敗の後始末」◆Vol.1

診療領域の細分化、専門医の乱立が問題に

2014年8月15日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


2017年度からスタートする専門医制度改革は、「第三者機関による専門医の評価・認定の実施」と、「19番目の基本領域の専門医として総合診療専門医の創設」の二つが柱だ。総合診療専門医の座談会に続き(『総合診療専門医、今まさに創設へ』を参照)、第二弾として、日本専門医機構理事長の池田康夫氏、日本外科学会理事長の國土典宏氏、日本脳神経外科学会理事長の嘉山孝正氏による座談会を企画した。國土氏と嘉山氏は、学会の立場から提言、池田氏とともに、専門医制度改革の成否を左右するキーパーソンだ(『「学会外し」の専門医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事