m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|改めて問う専...>専門医改革で医師の偏在解消へ◆Vol.4

専門医改革で医師の偏在解消へ◆Vol.4

改革迫られるのは外科より内科専門医(2014/9/6 補足)

2014年9月5日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


嘉山私は中医協委員を以前、務めていましたが、専門医制度の改革は、医療提供体制とも大きく関係してくると思います。医療のある程度の集約化は仕方がないと思うのです。脳神経外科では、研修の基幹病院は、年間300例以上の脳外科手術を行っていることが条件です。今まで日本の医療は、病院を自由に作り、その地域で医療を提供することが可能でした。「自由」と言えば、聞こえはいいですが、あまりにも「放埓」すぎたと思うのです。それが今度の専門医制度で見直すことにより、医療提供体制と合致した形で、集約化せざるを得ません。先...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事