m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|改めて問う専...>医師へのインセティブ、将来は必要◆Vol.6

医師へのインセティブ、将来は必要◆Vol.6

国民や医師自身の理解が制度設計のカギ

2014年9月19日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――専門医制度の改革に当たっては、国民の理解を得て進めることが重要です。難しい問題だと思いますが。嘉山専門医とは「安心して任せることができる医師」であることを、アピールすればいい。今までは腎臓しか診ることができない専門医もいましたが、本来は患者のトリアージができ、適切な医師に紹介し、自分の専門分野については標準的治療ができなければいけません。つまり「firstaid」、「今この瞬間に、その患者さんにとって必要なことを教えてくれる医師」、それが専門医です。日本脳神経外科学会理事長の嘉山孝正氏は、「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事