m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>事故報告書、遺族に渡すべきか否か

事故報告書、遺族に渡すべきか否か

第4回会議、報告書や説明の在り方を議論

2014年8月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の第4回会議が8月20日に開催され、「調査結果の報告や説明の在り方に関する事項」について議論した。会議後に会見した研究代表者の西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)は、「今回の制度の目的は、院内調査を確実に行うこと」と断った上で、調査結果の報告書の内容は、目的、事実の概要、医学的評価、結論、再発防止策、関係者への対応などの項目に分けて整理する予定で、今後、院内調査の具体的な内容を議論した上で、さらに検討を進める。ただし、報...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事