m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>「坂根班」、“事故調”GL案を9月1日公表

「坂根班」、“事故調”GL案を9月1日公表

法律に準拠、第三者機関への届出をチャート化

2014年8月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医療法人協会の「現場からの医療事故調ガイドライン検討委員会」が8月23日、中間取りまとめに向けた議論を行った。同委員会委員長を務める坂根Mクリニック(茨城県つくば市)院長の坂根みち子氏は、「法律に則ったガイドラインを作成する」と強調、23日の議論で文言を修正の上、「中間取りまとめ」として9月1日に公表する方針。「現場からの医療事故調ガイドライン検討委員会」の委員長を務める坂根Mクリニック院長の坂根みち子氏。「中間取りまとめ」のガイドラインは、16ページ程度で、2015年10月からスタートする...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事