m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>「坂根班」、“事故調”GLの中間報告公表

「坂根班」、“事故調”GLの中間報告公表

「現場の過剰負担と患者の危険の回避」が趣旨

2014年8月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医療法人協会の「現場からの医療事故調ガイドライン検討委員会」は8月26日、医療事故調査制度のガイドラインに関する中間報告書を公表した(PDF:544KB)。当初9月1日に公表予定だったが、同委員会委員長を務める坂根Mクリニック(茨城県つくば市)院長の坂根みち子氏は、「委員の意見集約、案の修正が早期に完了したので、広く医療界に知ってもらい、さらなる議論を深めるために、公表を早めた」と語る(『「坂根班」、“事故調”GL案を9月1日公表』を参照)。中間報告書は9月1日発行の日本医療法人協会ニュース...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事