m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>STAP検証「22回実施も、現時点でない」

STAP検証「22回実施も、現時点でない」

理研が中間報告、多能性示す遺伝子発現、未確認

2014年8月28日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文(7月2日付で撤回)の問題で、STAP細胞の存在の有無を確かめるための検証実験をしているCDBの研究実施責任者の丹羽仁史氏らが8月27日、都内で中間報告した(資料は理研のホームページ)。現在までに、「(マウスの系統である)C57BL/6における脾臓由来の細胞を酸処理」する実験を22回実施。丹羽氏の検証実験では、撤回されたNature論文で「STAP細胞が得られた」とす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事