m3.com トップ>医療維新>レポート|指導監査と処...>日弁連の意見書、「歴史的な意義は大」

日弁連の意見書、「歴史的な意義は大」

指導・監査の改善求める医師らが会見

2014年9月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本弁護士連合会・人権擁護委員会が8月、「健康保険法等に基づく指導・監査制度の改善に関する意見書」を発表したのを受け、医師・歯科医師ら4人が9月1日、厚生労働省で記者会見し、この意見書を「権利の侵害に直面している保険医救済の大きな後ろ盾になる上、指導・監査の改善を求める際の訴訟や運動の支えになるなど、歴史的な意義は大きい」と高く評価した。保険医療機関および保険医の指導・監査に対して、第三者の立場から実態調査し、意見をまとめたのは恐らく初めて。会見したのは、自身もしくは家族が不当な指導・監査を受け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

指導監査と処分に関する記事(一覧

「新規個別指導からいきなり監査」は6例、暴挙をストップさせるには? 2018/9/3

「レセプト高点数」、集団的個別指導は不公平 2017/10/1

保険医の人権を守れ!指導大綱・監査要綱の改正案 2016/8/27

人権侵害の指導・監査、現場から改善を! 2015/9/1

診療報酬返還、過去5年で最高146億円 2015/2/2

「保険医救済の大きな後ろ盾」、日弁連意見書 2014/9/8

日弁連の意見書、「歴史的な意義は大」 2014/9/1

「個別指導、8000件ノルマ」を批判、日医 2014/6/5

個別指導医師数が倍増、「業務効率化の結果」と厚労省 2014/2/5

「病院譲渡、奈良県の対応留保」は適法 2013/10/31

香芝病院の指定取消前提に、“後継”病床決定 2013/10/2

「個別指導でのカルテ閲覧、法的根拠なし」、厚生局 2013/10/2

「指導・監査による医師の自死防げ」、議連発足へ 2013/9/10

後継に2法人が応募、奈良香芝病院問題 2013/8/27

国が即時抗告を断念、奈良香芝病院問題 2013/8/23

執行停止「想像以上の結果」、奈良香芝病院問題 2013/8/21

奈良県は公募を継続、奈良香芝病院問題 2013/8/20

保険指定の取消処分の執行停止へ、奈良香芝病院 2013/8/19

奈良県、東朋香芝病院の後継病院公募 2013/7/2

奈良・東朋香芝病院、保険指定取消決定 2013/6/21