m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...> “大綱案”復活の待望論、自民議員から相次ぐ

“大綱案”復活の待望論、自民議員から相次ぐ

自民党のPT、医療事故調査制度でヒアリング

2014年9月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


自民党の「死因究明体制推進に関するプロジェクトチーム(PT)」(座長:橋本岳衆院議員)は9月2日の会議で、医療事故調査制度に関する厚生労働省へのヒアリングを実施した。自民党「死因究明体制推進に関するPT」座長の橋本岳衆院議員。厚労省大臣官房審議官の福島靖正氏は、ガイドラインをはじめとする制度設計について「研究班だけでやるわけではなく、この後に厚労省においても研究班の議論を踏まえ、検討会を作りたいと考えている。最終的には社会保障審議会医療部会に示して、省令等の作成を進める。(改正医療法の医療事故調...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事