m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>事故調査、「当事者全員に意見を聞くべき」

事故調査、「当事者全員に意見を聞くべき」

第5回会議、医療事故調査・支援センター業務を議論

2014年9月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の第5回会議が9月3日に開催され、医療事故調査・支援センター業務に関する事項を議論した。会議後に会見した研究代表者の西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)は、(1)院内調査の結果、センターに報告された情報の整理、分析、(2)医療機関または遺族の申請を受けて行うセンター調査――の二つが議論の柱になったと説明。(1)については、「当事者全員に、きちんと聴取をしたかを確認してどうか」という意見のほか、報告書完成前に相談する仕組み...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事