m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍晋三政権...>「社会保障一歩進んだ」、田村前厚労相

「社会保障一歩進んだ」、田村前厚労相

自己評価75点、「何年か先にもう一度」と意欲

2014年9月4日 池田宏之(m3.com編集部)


9月3日に第2次安倍改造内閣が発足したことを受けて、1年8カ月務めた職を退任した前厚生労働大臣の田村憲久氏が、9月4日に退任あいさつに臨み、社会保障について「(社会保障制度改革)国民会議の報告書に則って、(社会保障改革の道のりを示す)プログラム法などの法律改正ができ、(改革の)第一歩を進められたと思う」と振り返った。前厚労相の田村憲久氏は、自信の仕事について「75点」と評価した。社会保障については、「『これで完璧』というのはない。人口構成が変われば、また問題が出てくる」と難しさをにじませ、今後は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事