m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>STAP論文、再調査決定、外部有識者のみで

STAP論文、再調査決定、外部有識者のみで

前回調査「不十分」の批判根強く

2014年9月4日 池田宏之(m3.com編集部)


「Nature誌」に掲載されたSTAP細胞論文の不正問題で、理化学研究所は9月4日、「未調査だったLetter論文や保全されている関連の細胞株を調査する調査委員会を設置した」と発表した。設置は9月3日付。調査委員は、理研と関わりのない外部有識者のみで構成する。前回の調査では、インターネット上などで、調査委員の論文不正を追及する動きがあったことから、委員は調査終了まで明らかにしない方針。理研の内規に基づき、150日以内に結果をまとめる。理研の前回の調査では、Article論文における6項目の調査に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事