m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>院内調査、支援団体の検討進む

院内調査、支援団体の検討進む

東京都医師会、13大学との協力体制構築へ

2014年9月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


先の通常国会で創設が決まった、医療事故調査制度。2015年10月の開始まで約1年であり、制度の詳細を定める省令、ガイドライン作成をはじめ、さまざまな準備を急ピッチで進める必要がある。ガイドラインについては、9月2日の自民党の「死因究明体制推進に関するプロジェクトチーム(PT)」(座長:橋本岳衆院議員)の会議で、厚労省大臣官房審議官の福島靖正氏は、「年度内には中身を詰めて、来年4月には省令等を出したいと考えている」とのスケジュールを説明(『“大綱案”復活の待望論、自民議員から相次ぐ』を参照)。厚生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事