m3.com トップ>医療維新>レポート>“特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで

“特定看護師”10万人超養成の意向、2025年まで

厚労省、研修内容などの検討部会開始

2014年9月11日 池田宏之(m3.com編集部)


2015年10月に始まる特定行為を実施する看護師の研修制度について、研修の内容などを検討する厚生労働省の「医道審議会看護師特定行為・研修部会」が9月10日に始まり、部会長に国立病院機構理事長の桐野高明氏を選んだ(資料は、厚労省のホームページ)。会議の中で、研修修了者の目標数を聞かれた厚労省医政局看護課長の岩沢和子氏は、「2025年までに2ケタ万人を目指す」と、10万人超を目指すと発言。医政局内のコンセンサスが取れた数値というが、現時点で専門性の高い「認定看護師」と「専門看護師」は1万2000人程...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医が第三者の医業承継支援へ、専門家紹介など 2020/1/16

第7次医療計画中間見直し、年度内に通知発出へ 2020/1/16

四病協賀詞交歓会、「輪廻転床」実現へ役割果たす 2020/1/14

98歳の現役医師に「赤ひげ大賞」 2020/1/9

刑事医療裁判、18年間で256人中、無罪は6人 2019/12/28

働き方改革などで工程表、厚労省の業務効率化は進むか 2019/12/27

応招義務「患者を診察しないことが正当化される事例」整理 2019/12/27

マイナンバーカード利用のオンライン資格確認、2021年3月末医療機関6割導入へ 2019/12/26

2019年の出生数は86万4000人、90万人を下回るのは初 2019/12/25

日本地域包括ケア学会、第1回学会を開催 2019/12/23

女性医師の割合、29歳以下は35.9%に、2018年三師統計 2019/12/20

医師2人に業務停止3年、あおり運転と麻薬使用 2019/12/19

「画像レポート見落とし防止」、厚労省が事務連絡 2019/12/15

父をご支援頂いた皆様へ【故人・長男中村健氏】 2019/12/11

追悼の辞【ペシャワール会会長村上優氏】 2019/12/11

中村医師の葬儀、アフガン大使、医療関係者ら1300人超が参列 2019/12/11

市中病院実施の手術料引き上げを強く要望、外保連 2019/12/10

日医参与「医師のICTリテラシーの低さが課題」 2019/12/9

医学部地域枠「今のスキームはアウト、“アカハラ”の懸念も」 2019/12/9

「失敗から学ぶ」から「レジリエンス」への転換を 2019/12/8