m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>事故情報の提供で国民の啓発を

事故情報の提供で国民の啓発を

第6回会議、医療事故調査・支援センター業務を議論

2014年9月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働科学研究費補助金による「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」の第6回会議が9月17日に開催され、第三者機関である医療事故調査・支援センターの業務のうち、「研修」「普及啓発」について議論した。「研修」に関しては、センターや支援団体、医療機関の各職員に対する必要性が指摘されたほか、普及啓発については、医療機関だけでなく、広く国民も対象とする必要性が指摘された。会議後に会見した研究代表者の西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)は、普及啓発について、従来は医療事故の再発防止のために医療関係...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事