m3.com トップ>医療維新>レポート|医師不足への...>国立医療研究センター、4位に後退

国立医療研究センター、4位に後退

多摩総合医療センターなどトップに、2014年度臨床研修マッチング

2014年9月30日 池田宏之(m3.com編集部)


2014年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」の結果が9月26日に公表され、全国の市中病院と大学病院分院を「1位希望」として登録した人数でランキングした結果、1位は東京都立多摩総合医療センター、日本赤十字社医療センター、国立病院機構東京医療センターの、いずれも都内に所在する3つの医療機関が、55人ずつで並んだ。近年1位を維持してきた国立国際医療研究センターは、54人で4位となった(昨年の市中病院など結果は、『国際医療研究センターのトップ続く』、今年の大学病院の結果は『東大マッチ者大幅減少、医科...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師不足への処方せん に関する記事(一覧

マッチ率100%は10大学、大学人気下げ止まらず 2017/10/21

大都市圏の研修医割合、9年連続減―2017年度マッチング最終結果 2017/10/19

2018年度の医学部定員、1人減の9419人を計画 2017/10/17

医師臨床研修マッチング結果まとめ2017 2017/9/27

1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング 2017/9/23

医科歯科、東大の2強変わらず、杏林大が3位に、2017マッチング中間 2017/9/22

修学資金枠の東北出身者6人減、東北医科薬科大 2017/7/14

岩手県知事が緊急メッセージ、医師偏在対策の議論停滞を受け 2017/3/28

国際医療福祉大医学部の出願倍率、一般入試27.69倍 2017/1/26

医師偏在、実態把握に向け「見える化」、日病 2017/1/16

医師10万人調査がスタート!厚労省 2016/12/2

「医師1万6000人の実質増員策」、塩崎厚労相に提案 2016/11/12

東京「区中央部」の医師、10年で32%増 2016/11/9

「医師不足地域での勤務」、保険医療機関の責任者の条件 2016/10/24

15大学がマッチ率100%、人気の二極化進む 2016/10/22

大都市圏以外に過去最多の研修医、2016年度マッチング最終結果 2016/10/20

「選択肢の多様化こそ医師偏在策」、医学部長病院長会議 2016/10/9

1位聖路加、2位虎の門、3位横浜市立市民、2016年度中間マッチング 2016/9/26

医科歯科、東大、京大の「三強」不変、2016年度中間マッチング 2016/9/23

国際医療福祉大学、新設医学部の説明会に約760人 2016/9/22