m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「悪代官・厚労省に十手を渡すな」

「悪代官・厚労省に十手を渡すな」

東京保険医協会、医療事故調でシンポ

2014年10月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京保険医協会主催のシンポジウム「WHOドラフトガイドライン成功する報告システムの特性と第三者機関」が10月5日に都内で開催され、来年10月からスタートする医療事故調査制度について、責任追及の仕組みを切り離し、真に医療安全に資する制度設計にすべきと意見が、さまざまな視点から展開された。埼玉医科大学総合医療センター病院長の堤晴彦氏。埼玉医科大学総合医療センター病院長の堤晴彦氏は、厚生労働省が医療事故調査制度を創設する狙いは、「医療事故に関する調査権と行政処分権を得ることにある」と指摘し、それ現実化...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事