m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...>医法協“事故調”GL、橋本政務官に提出

医法協“事故調”GL、橋本政務官に提出

「6つの原則」を提言、遺族への説明が第一

2014年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医療法人協会(医法協)会長の日野頌三氏は10月14日、厚生労働大臣政務官の橋本岳氏の元を訪れ、「医療事故調ガイドライン」を提出した。同ガイドラインは、医法協の「現場からの医療事故調ガイドライン検討委員会」(委員長:坂根みち子・坂根Mクリニック院長)の最終報告に当たり、医療事故調査制度に関する「6つの原則」を提言している点が特徴だ(資料は、坂根氏が代表世話人を務める「現場の医療を守る会」のホームページに掲載)。厚生労働大臣政務官の橋本岳氏(左から2番目)に、「医療事故調ガイドライン」を手渡す、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事