m3.com トップ>医療維新>レポート|診療行為に関...> “事故調” 西澤班、中間報告取りまとめ

“事故調” 西澤班、中間報告取りまとめ

今後の二つの焦点、研究班の行方と厚労省検討会

2014年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


2015年10月から開始する医療事故調査制度のガイドラインのたたき台作成に向けて発足した、厚生労働科学研究費補助金の「診療行為に関連した死亡の調査の手法に関する研究」は、10月14日に開催した第8回会議で、「議論の整理」を取りまとめた。ただし、会議後に開かれた記者会見では公表されず、研究代表者の西澤寛俊氏(全日本病院協会会長)は、14日の議論を踏まえて文章を修正の上、可能な限り早く、できれば来週の公表を目指すとした。「議論の整理」は、過去7回の議論の中間報告の位置付け。西澤氏は、「最終報告は来年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事