m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|京都式地域包...>京都発の在宅支援、診療報酬で評価◆Vol.2

京都発の在宅支援、診療報酬で評価◆Vol.2

「在宅療養あんしん病院登録システム」

2014年11月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


「在宅医療のすそ野を広げるには、在宅で実施可能な医療の拡大だけでなく、在宅医療の限界を踏まえて、必要な時には病院と連携できるシステムを作ることが必要」こう語るのは、京都府医師会副会長の北川靖氏だ。この発想から2011年12月からスタートしたのが、「在宅療養あんしん病院登録システム」。京都地域包括ケア推進機構の7つのプロジェクトの中でも、いち早く始めた「在宅療養あんしんプロジェクト」の一環。本システムをモデルに、2014年度診療報酬改定で新設されたのが、「在宅療養後方支援病院」だ。在宅療養などを続...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事