m3.com トップ>医療維新>レポート|Doctor...>「将来、先生を手伝うからね」と患児◆Vol.8-1

「将来、先生を手伝うからね」と患児◆Vol.8-1

「患者からの感謝、信頼」編、医師になって最良の体験 

2014年11月5日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.7では、「医師になって最も良かった、もしくは、うれしかった体験談」を聞いた。患者からの感謝や、上司、同僚の協力、給与の問題まで、幅広い回答が寄せられた。中でも多かったのは、「患者、遺族からの感謝」が約120人、「治療、救命の成功」が約90人、「収入や地位」が約40人。具体的なエピソードも数多く寄せられた。主な回答を、3回に分けて紹介する。【患者、遺族からの感謝】・カリスマ的な人気のあった小児科医の後任として、ある幼児の喘息患者を受け持った。親も過保護で几帳面な人で、入院すると病状説明を毎日1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事