m3.com トップ>医療維新>レポート|Doctor...>“無医村に開業”の夢、45歳で実現◆Vol.8-2

“無医村に開業”の夢、45歳で実現◆Vol.8-2

「治療の成功、看取り」編、医師になって最良の体験 

2014年11月6日 池田宏之(m3.com編集部)


【治療や救命の成功】・20年くらい前の当直の夜。外科に入院中の、タクシー運転手の患者が吐血を繰り返した。緊急輸血の必要があり,タクシー会社に無線で呼びかけてもらった。病院の駐車場がタクシーでいっぱいになった。忘れられない光景です。・内科医であるが、IBDを専門としているため10代の若年患者とも接することがある。12歳のクローン病患者。最初は栄養療法をがまんしながら行っており、給食のときに自分だけ成分栄養剤を飲むのが嫌で保健室で飲んでいた。のちに生物学的製剤による治療で緩解に至り、月経も開始し、現...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事