m3.com トップ>医療維新>レポート|Doctor...>出産の度に“解雇”も、声かかる◆Vol.8-3

出産の度に“解雇”も、声かかる◆Vol.8-3

「同僚、プライベート」編、医師になって最良の体験 

2014年11月7日 池田宏之(m3.com編集部)


【家族、友人関係】・医学部の学費を出してくれた家族が心筋梗塞で倒れ、他院に運び込まれた。そのときに、駆けつけて心カテーテル検査に立ち会って、心臓マッサージ、除細動を行い、救命することができた。・代々医師の多い家系であるが、娘が二人(科は異なるものの)同じ道を選んでくれたとき、自分背中(歩んできた道)を観てくれていたのだと嬉しく感じた。・31年間医師をしていた。私の結婚も出産も31年前。子供も2人でき、まさに私の結婚と主婦と子育ては全て「一緒」に育っていった。孫ができて、今まさに医療が面白い。・医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事