m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|京都式地域包...>実践的な情報・課題共有が連携のカギ◆Vol.3

実践的な情報・課題共有が連携のカギ◆Vol.3

京都市「左京区事業者連絡協議会」

2014年11月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


「こんにちは」「お疲れさまです」10月20日の午後、京都市左京区役所の会議室で開催された「左京区事業者連絡協議会」。医療・介護保険関係の施設、在宅の事業者のサービス担当者などが、続々とお互いにあいさつを交わしながら、会場に入っていく。集まったのは100人以上。多くが、お互いに顔見知りの関係だ。中には、在宅医療に取り組む医師の姿もある。地元の左京医師会からも、担当理事のほか、会長、副会長らが出席した。山際哲夫氏が会長を務める左京医師会は、「在宅協力医リスト」を作成するなど、在宅医療に熱心。マネジメ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事