m3.com トップ>医療維新>医師調査|Doctor...>「お任せします」の結果、医療訴訟◆Vol.9-2

「お任せします」の結果、医療訴訟◆Vol.9-2

「医療過誤、人間関係」編、医師になって最悪の体験

2014年11月12日 池田宏之(m3.com編集部)


【医療過誤、訴訟リスク、訴訟】・医療過誤が起きてしまった患者がおり(500gの子どもに口からい入れたシリコン製の胃チューブで胃穿孔・腹膜炎が起こってしまった)、所属の医長が毎日、院長や患者の家族との面会のために、引っ張り出されていた。医師だけでなく、病棟全体に無気力感が漂った。そもそも、定床をオーバーしていたのに、無理して引き受けた患者(新生児)で医療過誤があってから、「精神論で仕事をするのはやめよう」と思い、勤務医を辞めるきっかけとなった。・不良患者のお話。傷病手当などで生活していた患者に退院...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事