m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>“事故調”検討会、来年2月の取りまとめへ

“事故調”検討会、来年2月の取りまとめへ

「法律準拠」を確認、焦点は「入口」と「出口」

2014年11月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」の第1回会議が11月14日、開催された。座長には一橋大学大学院法学研究科教授の山本和彦氏が、座長代理には早稲田大学法科大学院教授の和田仁孝氏がそれぞれ選任された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。今後、月1、2回の会議を経て、2015年2月をメドに取りまとめる予定。3月にパブリックコメントを実施して省令を公布、4月以降に指針(ガイドライン)策定・公表、10月から医療事故調査制度の施行というスケジュールが予定されている。ガイドラインでは、省令・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事