m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研CDBが組織改編、研究室半減

理研CDBが組織改編、研究室半減

英語名変更せず、小保方氏は「研究員」に

2014年11月17日 池田宏之(m3.com編集部)


STAP細胞についての研究不正に伴い、理化学研究所は11月14日、不正のあった理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)について、研究室を40から20に半減し、職員を439人から329人に減らした上で、「多細胞システム形成研究センター」と名称を改めることを発表した(発表内容は、理研のホームページ)。組織改編は11月21日付。センター長は、来年3月をめどに決める。英語名は、CenterforDevelopmentalBiologyのままで、組織改編前と変更しない。CDBユニットリーダーで、不正の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事