m3.com トップ>医療維新>レポート|医療介護総合...>904億円の新基金、7割が民間機関へ

904億円の新基金、7割が民間機関へ

厚労省、2014年度の交付先を公表

2014年11月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は11月19日、先の国会で成立した地域医療介護総合確保法に基づく今年度の「地域医療介護総合確保基金」の交付先を公表した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。各都道府県の交付額は10月の内示の通りで、総額は904億円。交付先は、「地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本方針」に基づき決定された(『医療介護の総合確保方針、了承・告示へ』を参照)。内訳は、(1)病床の機能分化・連携に関する事業:174億円、(2)在宅医療の推進に関する事業:206億円、(3)医療従事者の確保・養...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事